20周年に思う、アイデアを具現化して、活かすのは現場のチカラ。

日々の学び

今日は特別な、大切な日でした。

以前、舞浜にあるシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルのマスコットキャラクターの企画制作に携わり、その後も長くお仕事をさせていただいているのですが、

本日、そのキャラクターの20周年お祝いセレモニー・イベントがホテルの宴会場で開かれました。

残念ながら会場に行くことは出来ませんでしたが、セレモニーの開始時間を伺って、私もその時間をドキドキして待ち、時刻になると心から祝福しました。

プロジェクト立ち上げ時の熱い熱い日々が、昨日のことのように思い出されます。

でも、プロジェクトの成功、そして息の長いキャラクターになったのは、私の功績ではありません。

キャラクターが今も愛されているのは、ホテルの皆さんが、キャラクターを活用、維持されたからです。

どんなケースのお仕事でも、私からアイデアや構想、ビジュアルは提供できますが、それを具現化し、活用して運用し、輝かせてくれるのは、常に現場の皆さんなのです。

20周年、本当にありがたくて……。

そして今も、そのキャラクターに関わるお仕事が出来ることに、心から感謝の気持ちでいっぱいです。

20周年を区切りに、セカンドシーズンの始まり。
また1歩づつ、未来へ歩いていってくれますように。

タイトルとURLをコピーしました